サッカーワールドカップ1970メキシコ大会

はじめまして。登録後、初のブログです。初体験。
要領がよわからないのですが、まずは、始めてみようかなと思い、好きなサッカーの話から。

今、サッカーワールドカップ、ドイツ大会の決勝直前ですが、
そもそも私がサッカーにのめりこむようになったのは、今から36年前、
1970年のメキシコ大会からです。
当時、15才の私は高校1年になったばかりで、サッカー部に入って、
サッカーの魅力にとりつかれ始めたわけですが、
当時の日本のサッカー界は、企業スポーツの延長線上の、「日本リーグ」があるのみで
極めて限られたマイナーなスポーツの域を出ませんでした。

そこへ飛び込んできたのが、1970年ワールドカップメキシコ大会でした。
興奮と羨望を感じるとともに、世界との隔たりに愕然としたことを覚えています。
当時世界のサッカー界に僅かな窓口が開いていたのは、唯一のサッカー専門誌
月刊「サッカーマガジン」と、当時東京12チャンネル(現在のテレビ東京)で毎週土曜日
夕方に放送されていた「三菱ダイヤモンドサッカー」でした。
ワールドカップの内容を、サッカーマガジンで暗記するほど読みふけり、1年かけて「ダイヤモンドサッカー」で録画放送された各試合を見逃さずに観たものでした。
金子アナと岡野俊一郎さんの声を聞くと、いまだに、当時の熱い思いが蘇ります。

ということで、どんどん長くなってしまうのでこの辺にして、一方的なこういう年代のサッカーの話題を共有できる方とやりとりできたら嬉しいなと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック